旧車會のイベントでブチ上がる!コールのやり方

旧車會のイベントでブチ上がる!コールのやり方 旧車會にはコールの達人というものが存在します。
別名では音職人と呼ばれたりするものです。
それはバイクを楽器のように操るライダーのことで、その手首の動きは凄まじいものがあります。
コールのポイントは、リズミカルに排気音を奏でることです。
それゆえ他のライダーも音職人の真似をしてやり方を習得していくと言えます。
旧車會イベントに集まる沢山の職人の中で選ばれた者が、達人又は音職人と呼ばれるようになるわけです。
達人になる道は険しく、並大抵の努力ではなれないと言われています。
バイク自体が楽器となるので、地道な練習が肝心になると言えます。
但し達人になるようなライダーは、練習という概念がありません。
単に空ぶかしが好きな者が、我を忘れてバイクを楽器として奏でることになります。
そうなると、ライダーというよりもバイクミュージシャンというべきものです。
事実、彼らはバイクの外装にも相当なこだわりがあります。
派手な演出を施すため、惜しげもなく費用をかける傾向にあります。

旧車會のイベントを盛り上げる存在のコール名人

旧車會のイベントを盛り上げる存在のコール名人 旧車會のイベントで、注目を集めるものにコール大会があります。
これは、アクセルを空ぶかしすることでマフラーから発生させる様々な音を変化させいろいろなメロディーを演奏するものですが、微妙なアクセルワークとマフラー自体のチューニングが非常に重要な要素となっているため、様々な複雑なテクニックを要するものとなっているのです。
この音の美しさと正確さを競うのが、コール大会となっていますがその中で常に美しい演奏を行うのがコール名人です。
バイクの運転ではアクセルワークが非常に重要な要素となっており、コール名人はそのテクニックを卓越したレベルで備えている人物と評価されることも少なくありません。
旧車會では一目置かれる存在となっており、多くの人がそのテクニックを真似して練習をしている実態もあるため、非常に注目される存在となっているのです。
またバイクのチューニングの腕も高いことが認められており、旧車會では注目の人物でもあります。