旧車會のイベントで気をつけたいマナーはある?

旧車會のイベントで気をつけたいマナーはある? 旧車會へ参加する際、気を付けたいのはマナーでしょう。
旧車會はある意味で、少年時代のヤンチャの続きを大人になっても楽しめる夢のイベントです。
あの頃の夢を大人の財力で叶えられる、そして無理だと思っていた見せびらかしが出来てしまう、主催者もいいところに目を付けたと言えるでしょう。
しかしこれらが暴走族からの繋がりでマナーも何もないものになっては意味がありません。
近年では警察もマークしている様ですし、法令的にここまではグレーだから構わないとイベント会場までの道でマフラーを拭かしたり、鳴り物を鳴らしたりなどは結局迷惑行為として近隣住民から非難されてしまいます。
まず、自分たちは大人である事、そして出来るだけ紳士たる事を心に刻むべきです。
周りから非難される行為さえしければ、会場は夢の場所です。
少年時代に夢見ていたたくさんのバイクや車両を見て、見せびらかして、交流して、ひたすら楽しみましょう。
もちろん心まで少年に戻ってしまってはまともに道も歩けません。
ガンを飛ばしただの飛ばさないだののつまらない言い合いは避けましょう。

旧車會イベントに参加する際の適切な格好とは

旧車會イベントに参加する際の適切な格好とは 旧車會という言葉を御存じの方は単車運転を趣味になされている方でしょう。
この旧車會は1980年に結成されたビンテージカスタムバイクの愛好家で結成され、今では全国に約9,000人もの会員を有する国内最大規模のバイク同好会です。
毎年各地でイベントを実施していますが、その時は会員たちは80年代風のライダーファッションに身を包んでいるのが特徴です。
そのファッションとは革のジャケットとパンツ、サングラスにロデオデザインのヘルメットという格好で愛車を運転します。
イベントを見学するだけであればこの格好をしなくても良いのですが、愛車と共に参加者全員と一般道を走行する場合は必ず同じファッションに身を包む必要があります。
旧車會では会員同士のつながりを大切にしており、集団走行もその一環です。
他の一般ライダーと区別するためのも、独自の規定にそったカスタマイズのバイクを推奨しており服装もビンテージ風の革スタイルとなっています。